英語

2007年7月21日 (土)

絵本(The Story Of The Tooth Fairy)

Tooth_fairy_picture_book 今日は、Tooth Fairyのことを書いた絵本を一冊ご紹介します。
作者は、フォークシンガーとして知られているTom Paxtonです。
題は、「The Story Of The Tooth Fairy」。
誰が最初のTooth Fairyなのか、抜けた歯とお金を交換する
習慣は実際どのように始まったのか、ということを童話にしてあります。

昔、妖精と人間は友達だったのですが、だれかが妖精は
いたずらをすると噂を流し、それから、妖精と人間の仲のいい関係がこわれました。

その後のある日、グリニスという名の妖精が、エミリーという人間の子供に
出会います。グリニスは、エミリーに気に入られたことを、妖精の城の
王女に知らせます。王女は、人間と妖精が不仲になったことを、とても
悲しく思っていたので、このグリニスの報告を喜びます。
そして、本当に人間と友達になれたのなら、人間だけが持っているものを
証拠としてもらってくるようにと、グリニスに言います。
グリニスは、エミリーの所に行き、友達の証に何か交換し合おうと
話します。光る物が好きなエミリーはグリニスから、コインをもらうことにします。
さてグリニスの方は、いろいろとエミリーの持ち物を探しますが、
いいものが出てきません。 そのとき、グリニスはエミリーの歯が
抜けかかっているのを発見します。「それがいい、それが抜けたら
枕の下に入れておいて。代わりに私はコインをおいて帰ります」と。
そしてグリニスはコインを取りに、妖精の村へ戻ります。
その夜、歯が抜けたエミリーは、歯を枕の下へ入れておきます。
エミリーの元へ戻ってきたグリニスは、コインと交換に、
枕の下の歯を城へ持ち帰ります。
王女は、とても喜び、グリニスに言います。「今コインがある場所に
歯をおいていきなさい。すべてのコインが歯に置き換えられる時、
人間と妖精の友情は復活し、そして二度と壊れることがないでしょう。
これから、あなたはすべての子供たちと友達になれるでしょう。
そしてあなたは、彼らを見守り、助けてあげなさい。彼らはあなたの
存在を感じ、そしてあなたについて、伝えていくでしょう。これからずっと永遠に
あなたはTooth Fairyとして知られていくことでしょう。」

----------------------------------------------------------------
I will introduce a picture book that was written about the Tooth Fairy today.
The writer is Tom Paxton, who is well known as a folksinger.
The title is "The Story Of The Tooth Fairy".
This is the fairy tale of who the first tooth fairy was and how the
custom of exchanging money for lost teeth actually began.

Long ago, fairies and mortals were friends. Then someone spread a rumor
that fairies were mischief makers, and soon that bond was broken.

Later one day, a fairy named Glynnis met a mortal named Emily.
Glynnis let the queen of fairies know that she was liked by Emily.
The Queen was very sorrowful that fairies have had no contact with mortals
for years, so she was very glad to hear about what Glynnis told.
The Queen said to Glynnis to bring a token that only a mortal could give,
if you became friends.
Glynnis went to Emily and talked that they would exchange something
for a token of their friendship.
Emily wanted a coin because she liked shiny things.
On the contrary, Glynnis looked for Emily's things, but she
couldn't find a suitable thing. Just then, Glynnis found a loose
tooth of Emily. "That's it! Please place it under the pillow after
your tooth came out. I will place a coin instead of a tooth."
Then Glynnis went back to her village to take a coin.
That night Emily placed her missing tooth under the pillow.
Glynnis went back to Emily again and took her tooth back to the castle
after she exchanged to a coin.
The Queen was very pleased and told to Glynnis, "Keep it in the building
where the coins now lie. When every coin is replaced with a tooth, our
friendship with the mortals will be renewed, never to be broken again.
From this day forward you shall be a friend to all children. You shall
watch them and help them. They will feel your presence, and they will
tell one another about you. From now and forever, Glynnis, you shall be
known as the Tooth Fairy."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

早口言葉/tongue twister

Peter_piper 日本同様、こちらにも早口言葉があります。
アメリカに来て、私が初めて聞いた早口言葉が
次の”Peter Piper” です。
アメリカ人の友人が教えてくれましたが、めちゃくちゃ早口で
感嘆したのを覚えています。

Peter Piper picked a peck of pickled peppers.
A peck of pickled peppers Peter Piper picked.
If Peter Piper picked a peck of pickled peppers,
Where's the peck of pickled peppers Peter Piper picked?

もう一つ、こちらは子供が好きで、何度も
言わされましたが、Sの発音が続くのが
意外と難しいです。

Seashells She sells seashells on the seashore.
The shells that she sells are seashells I'm sure.
So if she sells seashells on the seashore,
I'm sure that the shells are seashore shells.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

発表/presentation

Origami 英会話のクラスも来週で終了になります。
テストの代わりに、テーマは自由のプレゼンテーションがあります。
今日がその発表の日でした。私は折り紙についてのお話と、
折っていったものを何点か紹介しました。 
ORIGAMIと英語になっているぐらいなので、知られているかなと
思っていたら、ほとんどの人が知らなかったですね。
可愛い、可愛いと言って見てもらえたのが嬉しかったですけど。
他の人たちのプレゼンテーションは、とても上手で、感心しながら聞かせてもらいました。
シニアの方のちょっとした笑い話、インドのタージ・マハルのこと、チョコレートに関するお話
バイオリンについてと演奏、国定公園のこと・・・
来週は残りの方のプレゼンテーションがあります。 自分がするのは、大変ですが、聞くのは楽しいですね。

----------------------------------------------------------
English conversation class will end next week.
We had a presentation of any theme instead of a paper test.
Today is the presentation day. I talked about origami and showed some of my origami works.
I thought origami is known to many people because origami is in English, however,
most of the people didn't know about origami. I was glad that some people said that they were cute.
Other people's presentations were very good, so I listened to their presentation in awe.
Senior's funny story, about Taj Mahal in India, about chocolates, about violin and playing,
about national park・・・
the rest of people will make presentations next week. It's hard to make a presentation, but I like to
listen to other's presentations.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

迷信/Superstition

今日のESLのトピックスは”迷信”でした。クラスには、いろんな国の方がいらっしゃるのですが、
”Superstition”の訳がその国々によって異なるのか、微妙な違いを感じたものの、
どの国の方も、”迷信”があるということでした。
リチャード先生が教えてくれた、アメリカの迷信を一つご紹介。
「塩がこぼれると、悪いことが起ると言われていて、もしもテーブルの上の塩の瓶を
倒したりした時は、その塩の瓶を持って、肩越しに少し外に振ると、その悪いことが
なくなる、とのこと」
実際これをやっている人をこちらに来て、見たことがありませんが・・・。

---------------------------------------------------------------

Today's topic for ESL class was "Superstition".
In my class there are many people from all over the globe. The translation for the same
superstition was slightly different between languages, but the thing I felt in this class today
was that all countries have superstitions.
I will introduce a superstition that my teacher Mr.Richard told me.
"If you will spill salt it is a omen for bad things." If you do spill salt, you should sprinkle
some more salt over your shoulder to keep the evil away.
Although I have lived in USA for quite a while, I have never seen anyone do this.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

ESL(English as a Second Language)

英語を第二言語とされている人のための英語のクラスが、私の住んでいる地域では
充実しています。市のコミュニティが行っているクラスは、無料で受けられます。
こちらに来てすぐ、このESLのクラスを受けたかったのですが、子供が小さく断念。
最近になり、時間ができたこともあり、テストを受けて英会話のクラスに入りました。
週3日あり、授業時間は2時間30分。毎回一つのトピックスに、複数の質問が設けられ、
順番に話していきます。この質問の中には日本語でも答えるのが難しいような質問があり、
困っています。
おしゃべりでそこそこ英語が話せる人は、一人で延々と話されていますが、私なんかは
日本語でも話し下手なので、大変です。
でもアメリカに住んでいながら、英語に触れずに過ごすことも出来る生活をしていますので、
自分から飛び込んでいかないと変われません。ですので、これも一つの、いいきっかけになっています。

--------------------------------------------------------------

English class for people who speak English as a second language can be taken easily for
free in the area I live in, because the city funds it.
I wanted to take this ESL class when I first came here, but I gave up because
my children were very young so I needed to take care of them.
Nowadays, I had time to take the class, so I took the placement test and entered the class.
The class is three times a week and each day is 2 and a half hours long.
Every class we are given one topic and there are many questions for the topic which
we answer. We take turns at talking. Some questions are very difficult, and I can't
even answer in Japanese.
Those that are talkative and good at English talk on and on, but I'm not the talkative
type and not good at speaking even in Japanese so it is hard for me.
Since I live in USA I should technically be able to speak English, but because I do not
necessary need to use English often, I need to jump into learning to speak English
myself or I will never learn, so this experience is good for me.

| | コメント (0) | トラックバック (0)