« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

珍しいオートバイ?/unique motorcycle?

Kaizo_motorcycle_2
先日行ったギルロイの住宅街で見つけた面白いバイク。
バイクとスポーツカーをくっつけた感じ。
楽しそうですが、乗り心地はどうなんでしょう。
Kaizo_motorcycle2

--------------------------------------------
I found an interesting motorcycle on residential street in Gilroy
when we went there the other day.
It looks like a motorcycle and a sports car were stuck together.
Apparently, people can enjoy driving, but I wonder if this is
actually comfortable to ride in.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

ガーリックフェスティバルPart2/ GARLIC FESTIVAL

Garlic_ice_cream_sign このフェスティバル、公園で行われているのですが、
通常の公園の大きさなので、人の多さの方が目立っていました。
食べ物のブースはもちろん、ほとんどガーリックを使った料理。
残念なことに、お値段が高かったです。アメリカではありえない金額。(笑)
入場料取るんだから、せめて食べ物ぐらいは、安くして欲しいなと
ぶつぶつ。
Rock_climbing ガーリックアイスはフリーでもらえたのですが、すごい行列だったので
並んでまではいいか、とパス。
スケボーのショー、カラオケ大会、アイアンシェフ風の大会(こちらは優勝 Shop_2_2したら5000ドルとにんにく1000ポンド/約453kg)、プロのミュージシャンのミニコンサートなどが行われていました。
他には子供のプレイランド、ロッククライミング場が
あり、こういう所には必ず出店される手作り物の販売店が
沢山出ていました。
ワインのティスティング、ビールの飲み放題もありましたが、中にはShop1_2
入らず、お土産に巨大マグを買って、終了。
出口には、一旦出ても、再入場できるように、手にスタンプを
Garlic_stamp_4 押してくれます。シェフ帽をかぶったガーリックの模様。

我が家が帰る時間帯から、ぞくぞくと人が来ていました。
みんなゆっくりマイペース。我が家もそうなりつつありますが・・。(^▽^;)
この辺よりも気温が2,3度高い感じで暑かったせいもあり、Starbucks_iced_mocha
帰りに立ち寄ったスターバックスのアイスカフェモカが
いつもの数倍おいしく感じられました。(o^-^o)


----------------------------------------------------------
Mug This festival was held at a park which is the same size as
a general park, so a lot of people jumped to my eye.
Most of the dishes at the food booths had garlic in them.
We were unhappy that the price of food was so expensive.
It was unbelievable price in the U.S.
I wanted the price to be cheaper because we paid an admission fee already.
We could get free garlic ice cream, however, the line was
very long, so we gave up getting it.
There was a skate board show, a karaoke contest, an iron chef contest(
the prize were 5000 dollars and 1000lb of garlic), and a music concert.
There were much more events such as a children's playground, rock climbing,
and many handmade goods stores.
We saw a wine tasting place and beer place all you can drink, but
we bought only the huge mug cup as a souvenir.
At the exit, we got stamps that was a garlic wearing a chef hat
on our hand for re-entry.

People were coming in during the time when we were leaving.
They are doing things at their own pace. My family is the same as them.
The temperature was a few degrees higher than our town.
Therefore, the iced caffe mocha we got at Starbucks on our way home
was severalfold delicious than usual.
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

ガーリックフェスティバルPart1/ GARLIC FESTIVAL

Garlic_festival_guide 昨日は家族でギルロイガーリックフェスティバルに行ってきました。
ギルロイという所は、大きなアウトレットモールがあることで
日本の人たちには、多分有名だと思います。
今では減少したそうですが、ガーリックの生産地として
名前が知られています。と言うことで、この地で
ガーリックフェスティバルなるものが行われるわけです。
このガーリックフェスティバル、毎年この時期に行われ、今年は
29回目で、金土日の3日間開催されました。
毎年、この時期は海に行くので、この辺りを通っているのですが
見に行ったことはなく、今年初めて、どんなものかなぁと興味津々
行きました。

Coyote_golf_course スロースターターの我が家は、この日もお昼前にやっとこさ
出発にこぎつけました。
フリーウェイを南下。このギルロイの手前の市に、友達家族が
住んでいたので、手前までは、昔はしょっちゅう来ていました。
ジャック・ニクラウスがデザインしたゴルフコースが横に見えます。
いつかこの綺麗なゴルフコースを回ってみたいです。
このゴルフコースが見えたあたりから、渋滞になり、
フリーウェイをおり、一般道をまた南へ。
Garlic_festival_crowd いつもより時間がかかりましたが、1時間ちょっとで現地到着。
入り口でチケット購入。大人12ドル、子供6ドル。入場料が
高いので、中はフリーなのかと思えば、そんなことは
ありませんでした。甘い考えでした。(苦笑)
凄い人じゃないですか!!いざ中へ。

-----------------------------------------------
My family went to the Gilroy Garlic Festival yesterday.
Gilroy is famous as a huge outlet mall to Japanese people.
Also it is known as an area of producting garlic, however,
the production of them is decreasing nowadays. That's why
the Garlic Festival is held here.
The Garlic Festival is held at this time every year.
This year is 29th festivalvwhich is held for 3 days
on Friday, Saturday, and Sunday.
We have passed this area when we have gone to the ocean
during this season every year.
However, we have never been to this festival.
We went to this festival with great interest.

We are slow starters, so on this day we finally started late-morning.
We went southward. Our friend's family lived in the city next to Gilroy.
Therefore we have come here short of Gilroy very often.
We can see the golf course to the side which was designed by Jack Nicklaus.
I want to play golf on this beautiful golf course someday.
The traffic jam started from there where this golf course is located.
We got down the freeway and drove the road to the south.
It took a longer time than usual, even so we arrived at
the actual place in about one hour.
We bought tickets(12 dollars for adult, 6 dollars for child). I thought
that it was free inside because the admission fee was expensive.
It was not free however.  I had an optimistic view about this. (smile)
Wow, terrific crowd! Let's go inside the festival!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

交通事故/ car accident

Freeway 昨日、帰宅した夫が、「今朝は君のおかげで命拾いしたよ。」と
私に報告。何かなと思ったら、朝ちょうど彼が出勤に使っている
フリーウェイで大きな事故があったとのこと。いつもならまさに
そこにいたぐらいの時間と場所だったのですが、昨日の朝は
私が寝坊して、朝食、お弁当作りが30分ずれこみ、彼はいつもより
遅れて、出発したのです。ちょうど、フリーウェイの手前で
交通情報を聞き、フリーウェイにも入らずに会社に行ったので
事故渋滞も避けられたとのこと。
いつも通りに行っていて、運が悪ければ、その事故に巻き込まれた
可能性もあります。
運が良かったのか、寝坊が良かったのか・・。(笑)

車に乗っている時間は、半端じゃないですから、その分、事故に遭う確率も
高くなりますね。
交通情報は、毎日事故のニュースがあります。
幸い、夫婦共に事故をしたことも、巻き込まれたこともないのですが
私がひやっとしたことは数え切れない程です。
一番ひやっとしたのは、白バイに幅寄せしたことでしょうか。(汗)
すぐに気がつき、大事にはもちろん至らなかったのですが。
ミラーだけを見て、目で確認せずに、2車線ある内の左側に移動しようと
したら、白バイがちょうど死角にいらっしゃったというわけで・・。
止められるかなと思ったら、窓からぶつぶつとつぶやかれただけで
すみました。
でもそれ以来、車線変更の時は、かならず直接目でも確認する癖が
つきました。

----------------------------------------------------
When my husband came home yesterday, he said to me,
"My life was saved thanks to you!"
"What's that?" I thought. It was about a big car accident
that happened yesterday morning on the freeway, which
he uses for going to his office.
Usually he is driving at the time and the place that the accident
happened. However, I overslept yesterday morning and I was late to
make breakfast and lunch by about 30 minutes.
Therefore, he started later than usual. He just listened to the
traffic information from radio before going onto the freeway and didn't
use the freeway, so he could avoid the traffic jam.
If he had driven as usual and had bad luck, possibly he could have
had an accident.
Was he lucky, or was my oversleeping good??(smile)

We drive a lot and driving that much increase the odds of
car accidents.
We hear the news of accidents everyday from the traffic information.
Fortunately, my husband and I have never had big accidents, but
I have had multiple moments of fear.
The most nervous thing was when I pulled over to the police motorcycle.
I realized at once, so nothing happened.
At that time, I looked only in the side mirror without looking with my eyes and
I was about to slide on the left lane. Then the police motorcycle
were just there.
I prepared to stop, but the policeman chuntered over the window, and then
he left.
Since then, I have developed a habit with looking with eyes carefully.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

キャンピングカー/Camping car・RV

Camping_car こちらは、夏休みが半分以上過ぎてしまいました。
夏休みが大好きな私には悲しい事実ですが・・・(笑)

夏休みということもあり、キャンピングカーの類の車を
よく見るようになりました。
Big_rv_2 こちらでは、RVと言われているようです。バスかと思う超大型の
車や、トレーラーと言われる引っ張る貨車のようなものもあります。
バスの大きさのキャンピングカーの中は、キッチンはもちろん、
ソファセット、シャワーも完備、クイーンサイズのベッドまで置かれているよ うです。
お値段も家の値段と変わらない車もありますから、動く住居ですね。
Trailer_3 こんな車で、ゆっくりとアメリカの州めぐりをしてみたいなと
思いますが、まだ夢の話です。

-------------------------------------------------
The summer vacation has passed over halfway now.
This fact make me sad, because I love summer vacation. (smile)

As it is during summer vacation, I see some kinds of camping cars
very often.
It is called "RV" for these cars. There are huge cars that I think looks
like a bus, or a trailer that is like a freight car.
The RV that is a bus size has a kitchen, a couch set, a shower, and also
a queen bed.
The price is almost the same as a house's, so this type of car is like a
moving house.
I want to go around the states in the U.S. by such as car as this, but
for now, it is a dream.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

7月も後半というのに/It is already the end of July

Sky こちらは7月も後半なのに、そんなに暑い~と感じる日が
まだ来ていないです。これから暑くなるのかなぁ。
先日はこの時期に降ることはほとんどない、雨が
夜半に降りましたし、今年は例年と違う感じですね。

ここは、暑くてもむしむししないので、過ごしやすいのですが
もう一つの夏の過ごしやすさは、なんといっても蚊がいないことでしょう。
巨大な蚊(たぶん)は、いるのですが、日本にいるような血を吸う蚊は
この辺りにはいないです。
東海岸には、蚊がいる(どんな種類かわかりませんが)と友人が話していたので、
地域によって異なります。

血の気が多かったのか(?笑)小さい頃から、人一倍蚊にさされやすかった私は、
蚊が大嫌いです。
夏に日本に一時帰国した時は、やはり、この蚊に悩まされましたね。
夏休みしか、日本にゆっくり帰れないとはいえ、
この蚊を思い出すと、尻込みしてしまうのです。(苦笑)

※今日初めて、大きいトンボを見ました。残念ながら、飛んでいたので
うまく写真が撮れませんでした。

---------------------------------------------------------------------------
Very hot days are not coming here yet, however, it is already the end of July.
I wonder whether it will be hot from now.
The other day, it was raining at midnight, but this occurrence was very rare
in this season.
I feel like this year's climate is different from the yearly climate.

I feel comfortable even if it is hot because of the low humidity.
One more comfortable thing is that there are no mosquitoes around here,
although huge mosquitoes(perhaps) that is different kind then in Japan
are here.
My friend told me that there are mosquitoes in the east coast, so it is different
depending on the area.

I hate mosquitoes because I was bitten by mosquitoes much more than
ordinary people from when I was a child (Perhaps because I had a lot of blood?).
When I returned to Japan temporary during a summer, I was bothered by mosquitoes.
I can go back to Japan for a long time only during summer vacation. However,
I hesitate to go back to Japan because I remember these mosquitoes.

※It was the first time that I saw a big dragonfly today.
Unfortunately I couldn't take a picture well because
the dragonfly was flying fast.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

ポール&エディのバー/Paul and Eddie's bar

Ferrairi_3  
我が家の近所にあるポールとエディのバー。
一度行ってみたいなと思いながら、なかなか行くことができません。
カウンターがあって、ダーツができ、2階がビリヤードの場所に
なっているのかなと想像してます。
夜はネオンサインが綺麗です。
ちょうど通りかかったときに、かっこいい車が止まっていたので
写真を撮りました。
フェラーリですね!こんな車が止まっていたら、なおさら入りにくいかも。(笑)

----------------------------------------------------------------
Here is Paul and Eddie's bar and pool near our house.
We have a hard time to go there, althogh we wanted to go once.
I imagine that the bar has a counter, people can play darts in the store,
and has pool upstairs.
The neon signs are beautiful at night.
When I just passed in front of the bar, I saw a cool car and
took a picture.
That was a Ferrari!
We can't come in, if such as this car was stopped there. (smile)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

ハイキング/hiking

San_antonio_park 今日はエクササイズを兼ねて、家族で
近くの小高い山になっているパークへ、ハイキングに行きました。
日向は、暑かったですが、日陰はやはり涼しく
風も気持ちよかったです。
歩いている人よりも、ランニングしている人の方が
多かったように思います。

Bobcat 今日会った野生の動物は、ボブキャットと鹿です。
先日行ったときは、七面鳥が沢山いたんですけどね。
マウンテンライオンも生息しているようで、説明している
看板(写真のサイン)もありました。
もし攻撃されたら、反撃しなさいと書いてあります。えっ本当に???

Deer_1 1時間30分程ハイキングして、帰ってきましたが、
日頃テニスをしているにもかかわらず、足がだるいです。(トホホ)

---------------------------------------------------
My family went to the park that is a low hill near our house
Mountain_lion_sign_1 for hiking. doubled as exercise.
It was hot in the sun, but it was cool in the shade and
a gentle breeze was blowing.
I think that I saw more people who were running than walking people.

We met a bobcat and a deer out of the wild animals we saw today.
We have seen many turkeys on other days when we have gone there.
There was a sign about mountain lions.
The sign says that if you encounter a mountain lion and
it attacked you, fight back.  Really???

We came back after walking about 1 and a half hour.
I feel heavy on my feet, regardless of playing tennis very often.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

絵本(The Story Of The Tooth Fairy)

Tooth_fairy_picture_book 今日は、Tooth Fairyのことを書いた絵本を一冊ご紹介します。
作者は、フォークシンガーとして知られているTom Paxtonです。
題は、「The Story Of The Tooth Fairy」。
誰が最初のTooth Fairyなのか、抜けた歯とお金を交換する
習慣は実際どのように始まったのか、ということを童話にしてあります。

昔、妖精と人間は友達だったのですが、だれかが妖精は
いたずらをすると噂を流し、それから、妖精と人間の仲のいい関係がこわれました。

その後のある日、グリニスという名の妖精が、エミリーという人間の子供に
出会います。グリニスは、エミリーに気に入られたことを、妖精の城の
王女に知らせます。王女は、人間と妖精が不仲になったことを、とても
悲しく思っていたので、このグリニスの報告を喜びます。
そして、本当に人間と友達になれたのなら、人間だけが持っているものを
証拠としてもらってくるようにと、グリニスに言います。
グリニスは、エミリーの所に行き、友達の証に何か交換し合おうと
話します。光る物が好きなエミリーはグリニスから、コインをもらうことにします。
さてグリニスの方は、いろいろとエミリーの持ち物を探しますが、
いいものが出てきません。 そのとき、グリニスはエミリーの歯が
抜けかかっているのを発見します。「それがいい、それが抜けたら
枕の下に入れておいて。代わりに私はコインをおいて帰ります」と。
そしてグリニスはコインを取りに、妖精の村へ戻ります。
その夜、歯が抜けたエミリーは、歯を枕の下へ入れておきます。
エミリーの元へ戻ってきたグリニスは、コインと交換に、
枕の下の歯を城へ持ち帰ります。
王女は、とても喜び、グリニスに言います。「今コインがある場所に
歯をおいていきなさい。すべてのコインが歯に置き換えられる時、
人間と妖精の友情は復活し、そして二度と壊れることがないでしょう。
これから、あなたはすべての子供たちと友達になれるでしょう。
そしてあなたは、彼らを見守り、助けてあげなさい。彼らはあなたの
存在を感じ、そしてあなたについて、伝えていくでしょう。これからずっと永遠に
あなたはTooth Fairyとして知られていくことでしょう。」

----------------------------------------------------------------
I will introduce a picture book that was written about the Tooth Fairy today.
The writer is Tom Paxton, who is well known as a folksinger.
The title is "The Story Of The Tooth Fairy".
This is the fairy tale of who the first tooth fairy was and how the
custom of exchanging money for lost teeth actually began.

Long ago, fairies and mortals were friends. Then someone spread a rumor
that fairies were mischief makers, and soon that bond was broken.

Later one day, a fairy named Glynnis met a mortal named Emily.
Glynnis let the queen of fairies know that she was liked by Emily.
The Queen was very sorrowful that fairies have had no contact with mortals
for years, so she was very glad to hear about what Glynnis told.
The Queen said to Glynnis to bring a token that only a mortal could give,
if you became friends.
Glynnis went to Emily and talked that they would exchange something
for a token of their friendship.
Emily wanted a coin because she liked shiny things.
On the contrary, Glynnis looked for Emily's things, but she
couldn't find a suitable thing. Just then, Glynnis found a loose
tooth of Emily. "That's it! Please place it under the pillow after
your tooth came out. I will place a coin instead of a tooth."
Then Glynnis went back to her village to take a coin.
That night Emily placed her missing tooth under the pillow.
Glynnis went back to Emily again and took her tooth back to the castle
after she exchanged to a coin.
The Queen was very pleased and told to Glynnis, "Keep it in the building
where the coins now lie. When every coin is replaced with a tooth, our
friendship with the mortals will be renewed, never to be broken again.
From this day forward you shall be a friend to all children. You shall
watch them and help them. They will feel your presence, and they will
tell one another about you. From now and forever, Glynnis, you shall be
known as the Tooth Fairy."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

歯の妖精/Tooth Fairy

Wishingstarpress_1747_2062591 昨日、歯医者さんの話をしましたので、今日はアメリカで歯の話と
して有名なTooth Fairyにまつわる話を・・。

さて、子供の抜けた歯はどうされますか?
今でもされていることかどうかわかりませんが、私が育った所では
抜けた上の歯は、下に向かって、そして下の歯は屋根に向かって
投げると、綺麗で丈夫な歯が生えてくると言われていました。
そして私も抜けた歯は、願いをかけながら、そうしたものです。

アメリカでは、夜寝る前に抜けた歯を枕の下に入れて眠ると
トゥースフェアリー(Tooth Fairy)という妖精が、歯と交換に
お金やギフトをくれる、というお話があります。 
このTooth Fairyを題材にした絵本も沢山あります。
サンタ同様、子供に夢を与える架空の話ですが、我が家の
子供も信じていて(?)、歯が抜けると、寝る前に枕の下に入れて
翌朝を楽しみにしていました。
私たち夫婦もTooth Fairyにその時はなり、
子供が寝た後、お金を枕の下にいれてあげました。
翌朝、子供は大喜び。
この時、2回失敗したことが・・。

その1.歯と交換なのに、歯を取り忘れて、お金だけ
置いてしまった。
翌朝の子供の一言、「おかあさん、Tooth Fairy歯を持って帰るの
忘れて、お金だけおいてあった。この歯、もう一回使えるで~。」

その2.いつも1ドル札一枚を置くことにしていたのですが、
間違って5ドル札を置いておいたことが・・。
翌朝の子供の一言、「おかあさん、僕、歯1本しか置いて
なかったのに、5本分もらったで~。やった~。」


すっかり大きくなった息子の、幼き頃の懐かしい話です。

---------------------------------------------------------
I wrote about the dentist yesterday, so I will talk about the
story connected the Tooth Fairy today.

Well, how do you treat the tooth that comes out?
It was said that beautiful and strong teeth would grow, if we
throw a lower tooth to the ground and an upper tooth to the roof in
the area. This was said where I was raised, although I'm not sure whether
it is said now.
Of course I had done wishing like this.

In the U.S.,there is a story that the Tooth Fairy gives children
a small amount of money or a present in exchange for a tooth
when it falls out and the child places the tooth under their pillow at night
before going to sleep.
Also, there are many picture books about the Tooth Fairy.
As same as Santa Claus, this is an imaginary story, however, my children
believed(?), placed the missing tooth under their pillow before going to sleep,
and looked forward to next morning.
We became the Tooth Fairy then and placed the money under the pillow
after they went to sleep.
They were very pleased about this next morning.
I made mistakes twice when I became a tooth fairy.

1. I should have exchanged, but I had placed money without taking out the tooth.
   My son said next morning, "Mom, the Tooth Fairy forgot to take back
   my tooth and just placed money. I will use this tooth again!"
   
2. We usually placed 1 dollar under the pillow, but one day I accidentally placed
   5 dollars by mistake.
   My son said next morning, "Mom, I got 5 dollars despite the fact
   that I only placed one missing tooth. This was for 5 teeth. Great!"
   
   These are nostalgic story which we experienced when my son was little.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

歯医者/dentist

Dentistofficeart1 今日は歯医者さんへ歯のクリーニングに行ってきました。
日本に住んでいた時は、何か歯に異常が起きない限り
行きませんでしたが、こちらでは、年2回の検診、定期的な歯の
クリーニングを一般的に受けるようになっています。
保険に入っていれば、もちろん保険でカバーしてもらえますが
日本に比べると、かかる費用は高い気がします。
先に予防する、また苦痛もできるだけ減らすというのが、
この国の医療のいろいろな場面で、感じるところです。

何年か前のことですが、親知らずを1本抜くのに、
全身麻酔をした経験があります。
私が特別だったのではなく、こういう処置も普通のことのようです。
しかし、最初に全身麻酔と聞いたときは、えっと驚きましたね。
歯を抜くだけですからね。(苦笑)

--------------------------------------------------
I went to the dentist for a cleaning today.
When I had lived in Japan, I had gone to the dentist for only
when my teeth had trouble.
However, we go to the dentist for check-ups twice a year
and regularly get cleaning in a general way in the U.S.
If we carry insurance, the cost is covered by insurance, but
I think that the cost is more expensive than in Japan.
I feel that in many situations of the medical care in this country,
that it is prevention first, and then relieve the pain.

A few years ago, I had experienced a general anesthesia to
remove a wisdom tooth.
I was not a special case, and apparently, this is a general treatment,
but I was very surprised to hear about the full anesthesia because
I just took a tooth out.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

巨大タバスコ?/a huge Tabasco bottle?

Bloody_mary_mix_1 先日、我が夫が買って帰ってきたのを見てびっくり。
こんな巨大なタバスコの瓶があるの?? と、よく見ると
これ、カクテルのブラディマリーのもと。
中にすでに、トマトジュース、ライムジュース、
セロリ、リー&ペリンソース、タバスコなどが
混ぜ合わせられていて、これとウオッカ、氷を合わせると、
ブラディマリーができあがり。
写真は横にワインのフルボトルを並べて撮影。
アメリカは、本当に大きなものが沢山あるので、
このタバスコパロディの瓶もありえることなので、
よけいに楽しめます。

夫がいろいろと凝って作ってくれることもあり、
今ではカクテル好きになりました。
今日はこのシンプルなブラディマリーをいただきます。

----------------------------------------------------------
I was surprised at a huge Tabasco bottle that my husband
bought and brought back home the other day.
"Is there a Tabasco that comes in such a huge bottle?" said I,
but after I looked at it carefully, I noticed that this bottle was
a Bloody Mary Mix!
The ingredients in the bottle are tomato juice, lime juice, celery,
Lea & Perrins sauce, and Tabasco.
We add vodka and ice to this mix to make a Bloody Mary.
The photo shows this Bloody Mary Mix and a full wine bottle together.
There are many kinds of huge things in the U.S. That means that a huge
Tabasco bottle might exist, so I enjoy thinking of this imagination.

I like cocktails as of now, because my husband makes a lot of different
kinds of cocktails.
Today, I will drink a simple Bloody Mary.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

四つ子ちゃん(今日の新聞記事から)/quadruplets

20070715__babies152_gallery1
今日の新聞の一面にとっても可愛い四つ子ちゃんの
写真が載っていました。
記事の内容は、不妊治療技術の使用の増加にともなう
多子出産の増加、そしてそのリスク、ということについて
深く書かれていました。(写真があまりにもピュアで可愛かったので
背景の記事はパスして、今日は写真メインにさせていただきました。)
----------------------------------------------------
I found this very cute quadruplets' picture on the front page
of today's newspaper.
The content of the article was that the growing use of fertility
technologies caused a rapid rise in multiple births and
the risks of them.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

海へ/to the ocean

Ocean1 今日家族で、今年初めての海(ハーフムーンベイ)へ。
天気予報通り、海周辺はくもりで、寒かったです。風が
吹かなければ、それほどでもないのですが、泳ぐなんてことは
とんでもなかったですね。
もともと私たちの行く海は、寒流が流れているので、水が冷たく、
ウエットスーツなしでは泳ぎにくいです。
                          アメリカ人は、平気で泳いでますけどね。(笑)
Ocean2 幸い、今日行った所は、崖や、岩場が多くて、泳げなくても
子供たちは、楽しく遊んでいました。

海は広くて綺麗で、ボーッと見ているだけでも、心が
癒されますね。夏とは思えないほど、寒かったですけど。(笑)

                          海のはるか向こうは、日本になります。
Ocean3 今日私たちが行った海をず~っとまっすぐ泳いでいくとすれば、
福島県の南相馬市の海岸に辿り着きます。(笑)
緯度は、猪苗代湖と大体同じです。

---------------------------------------------------
                          My family went to the ocean(Half Moon Bay) today.
Ocean4 This was the first time of this year.
It was cold and cloudy around the ocean as the weather forecast said.
If the wind didn't blow, we wouldn't have felt so cold,
but we never thought of swimming.
The ocean where we often go to, is cold water because of
cold ocean current, and it is hard to swim there.
However, Americans are swimming even though it is just like that.(smile)
Fortunately, the place where we went to had many cliffs and
rocky stretches, so my children enjoyed playing there although they couldn't swim.

The ocean was wide and beautiful. I felt comforted just seeing
the ocean, however, it was so cold that I felt it wasn't summer season.

There is Japan beyond the sea far away that I long for.
If we swim straight in the ocean where we went, we will land up
the coast of Minamisouma city in  Fukushima.(smile)
The degree of latitude is same as Lake Inawashiro.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

糸トンボ/agrion(dragonfly)

P1010657ed 夕方、洗濯物を取り込もうとしたら、糸トンボが留まっていました。
オニヤンマのような大きなトンボは、こちらで見たことがないのですが
糸トンボはよく見かけます。
カリフォルニアの空の色のような、青い色が綺麗なトンボでした。

-----------------------------------------------------
When I was going to bring the laundry in this early-evening,
I found a dragonfly that stayed on the clothesline.
I have never seen a big dragonfly such as a Golden-ringed dragonfly
here, however, I often see tiny dragonflies.
The dragonfly I found today was a very beautiful blue color like the
sky in California.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

お楽しみコインのお話/my son's coins

Coin_sho1 アメリカのコインのお話を続けてしていましたが、もう一つ、
楽しいコインのお話を。

日本では、これは硬貨変造とかで、してはいけないことだと思いますが(笑)
アメリカでは、1セントコイン(ペニー)を記念コインに変える機械が
観光地などにあります。できあがりはコインの形はありませんが・・。

Coin_machine この辺りでは、50セントでできます。クオーター2枚とペニー1枚を
硬貨入れに並べて、押します。するとクオーターは回収され、
入れたペニーが機械の中を、がたんごとんと回って、押しつぶされ
模様が刻印されて、出てきます。クリアな機械ですので、中をペニーが
動いているのが、見られます。操作は、写真のようにハンドルを
自分で回してするので、均等にすると綺麗な仕上がりのコインになります。
今日は失敗、なんて子供が言った時もあります。(笑)
その場所にちなんだ模様と名前も刻印されるので、旅の思い出として
いいですね。安価ですし。(笑)子供も一つの楽しみにしています。

------------------------------------------------------
Coin_shoup I wrote about the U.S. coins in the recent past, and today
I will also talk about an amusing coin's article.

In the U.S., there are the machines that we can use to change a penny
to a commemoration coin in sightseeing areas.
I think this is prohibited because it becomes forged coins in Japan.(smile)
The coin that comes out from the machine doesn't have it's former shape.

We can use this machine for only 50 cents around here.
We put 2 quarters and a penny on the coin holder, push them in.
The 2 quarters are taken, but the penny goes around in the
machine clattering, is crushed, engraved an image, and comes out.
We can see the penny moving in the machine because it is transparent.
We turn around the handle to work the machine by ourselves, so
the coin's finish will be nice if you do it evenly.
"It was not a good finish today." said my son before.
The coins are engraved the pattern and the name of the place
for commemoration.
It is good for a memory of a trip. Also it is cheap.(smile)
This is one of my children's amusement during our trip.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

オールスターゲーム/All-Star Game

P1ichiroap1 今日はオールスターゲームが、我が家からそう遠くないサンフランシスコの
AT&T PARKで行われました。
観戦に行きたかったのですが、やはり無理でテレビで応援しました。

日本では大ニュースになっているでしょうね。
イチロー選手のオールスター史上初のランニング本塁打、
そしてMVPの獲得。
賞品のアメリカ車を日本人が手にするというのも、
私の中では面白い感じがしました。
同じアメリカにいる日本人として、イチロー選手の活躍と、喝采を受ける姿は、
心にジーンときます。
日本で映ったかどうかわかりませんが、こちらのテレビ放送では、席に
座っているイチロー選手が、誰かにウインクをしたところがアップで映りました。
これが様になっていましたよ。思わず、ドキッでしたから。
そういうところでも、彼は日本人離れしてますね。(笑)

-----------------------------------------------------------------------
Today the All-Star Game was held at AT&T Park in San Francisco,
a location not so far from our house.
Although we wanted to watch the game, we couldn't go and
so we cheered in front of our TV at home.

The news that Ichiro hit the first inside-the-park home run
in All-Star Game's history and got MVP, must be very big in Japan.
It's fascinating for me that a Japanese received an American car for
an award as MVP.
As same Japanese who live in U.S., I was very impressed by
Ichiro's success and his aspect earning plaudits from people.
I saw on TV here, that Ichiro winked at someone, sitting on the
bench, although I don't know whether this broadcasted in Japan.
He was so cool! He made my heart skip a beat.
I feel he is not a Japanese from his nice action.(smile)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

大統領1ドルコイン/Presidential $1 coin

President_coin_set 引き続き、アメリカで発行されているコインのお話。
今日は、州のコインに続いて、最近始まったプログラムであります
大統領の1ドルコインのこと。
こちらは、歴代大統領を絵柄にしたコインで、2007年から
始まり、1年に4枚ずつ発行されることになっています。
現在のところ、ジョージ・ワシントンとジョン・アダムズの2枚が
発行されていて、2016年までのスケジュールが出されています。
裏は自由の女神が描かれています。

また、ファーストレディのコインもリリースされています。大統領コインと
同様のスケジュールでこちらも発行されます。
ファーストレディのコインは10ドル金貨で、ぐっと高級なコインになります。

-----------------------------------------------------------------
I will talk about the U.S. coins today, also.
Today, I write about the presidential $1 coins that started lately
following the state quarters program.
These coins with engravings of U.S.Presidents on the obverse are
minted four coins per year.
Currently, George Washington and John Adams are released, and
the schedule of this program will be until 2016.
The reverse of the coins is engraved with the Statue of Liberty.

Also, First Lady coins are released now with the same schedule as
presidential coins.
First Lady coins are $10 gold coin that are very exclusive.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

50州の25セント硬貨/50 State Quarters

Quarter_coin1 アメリカのコインのお話その2です。
ご存じの方も多いと思いますが、アメリカでは1999年から
各州の記念コイン(クオーター)が発行されています。
10年計画で、毎年5枚ずつ発行され、2008年に全て揃うように
なっています。
硬貨には、それぞれの州にちなんだ図柄が描かれています。
記念硬貨と言っても、発行枚数が多く、一般にかなり出回って
いますので、価値はそれほどないかも知れませんが、
我が家も、記念として手元に集めています。
コインの発行の順番は、合衆国に加入した時期の早い州から
で、最初に発行されたのは、デラウエア州、そして
Quarter_coin2_1 2008年の一番最後に発行されるのは、ハワイ州です。

------------------------------------------------
I will talk about the U.S.coins following yesterday's
topic.
As many people know, the 50 state quarters have been
minted since 1999.
This program is a 10 year schedule, where five designs
are released each year, and will finish in 2008.
Each state quarter has a unique design.
These state quarters are minted a lot, and
go into circulation a lot, so maybe are not
Quarter_coin3_1 worth a lot.
We collect these coins as a commemoration.
The quarters are released in the same order
as they joined the Union.
The oldest minted coin is Delaware and the last one  will be
Hawaii.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

アメリカのコイン/coins

Coin 今日はアメリカのコインのお話。
現在のコインには、25セント(クオーター)、10セント(ダイム)
5セント(ニッケル)、1セント(ペニー)、そして通常あまり
使われないのですが1ドルコイン(複数の種類あり)、があります。
郵便局の自動販売機で、切手を買い、おつりに1ドルが
含まれるときは、必ず1ドルコインが出てきます。

20070706__coin061_gallery1 昨日の新聞記事で知ったのですが、1792年から1873年までは
ハーフダイム(5セント)というコインがあったそうです。
このコイン、今では約250から400枚しかこの世に存在しないようで
すごい価値があります。
1700年代のハーフダイムは1.5ミリオンドルの価値があるとのこと。
日本円で約1億8000万円です!
下の写真はその215歳のハーフダイムです。

-----------------------------------------------------------------
Today, I will talk about U.S. coins.
There are 25 cents(quarter), 10 cents(dime), 5 cents(nickel),
1 cent(penny), and 1 dollar coins(some kinds), which are
not used commonly, in U.S. at the present time.
When we buy stamps from the vending machine in the post office  and
we want 1 dollar change, 1 dollar coins are deposited from the
machine.

I learned it from yesterdays newspaper that half dime coins have
existed from 1792 to 1873.
Old half dimes are worth a lot of dough because there are only
about 250 to 400 half dimes in existence now.
Half dime from 1700s is valued $1.5million!
The second picture shows the 215-year-old half dime.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

路線バス/ bus

Bus_2type この辺りを走っているバスです。
大通りなどは、この2台分の大きさのバスが走っています。
よく見かけるのは、後ろの1台分がくっついていない、
普通のバスです。
バス停も不思議。乗客が多いところなどは、時刻表があるのですが
Bus_stop1 私の家の周辺は、ほとんど、このサインだけがぽつりと
立てられています。時刻表がないので、バスがいつ来るのか
わかりません。でもみんなじっと待ってます。
日本では考えられないですね。

-----------------------------------------------------
Bus_stop2 The picture shows the bus that drives around here.
This type of bus which is about the size of 2 buses is
driving around on such a main street.
We usually see the normal size buses.
Bus stops are strange.
There is a time table in the bus stop where many passengers use,
but only this sign is stood at most of the bus stops around my house.
We don't know when the bus is coming because the time table is not
there. However, people just wait for the bus.
We can't imagine this in Japan.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

独立記念日/Independence Day

Fireworks4 今日は独立記念日。
全米のあちらこちらで花火が打ち上げられることは有名ですね。
我が家も毎年恒例で、近場に見に行ってきました。

最後の5分ほどが凄いです。これでもかっと言うほどの花火の連続。
やはり日本の花火の打ち上げ方とは違うかなぁという感じです。
時間も短くて、大体30分ぐらい。今年我が家が見た花火は
スポンサーが少なかったのか、20分程で終わってしまいました。
見所の場所に行けば、日本のように人混みかも知れませんが、
我が家の行くところは、人混みもなく、芝生に座って
Fireworks1_2 ゆったりと、眺められるので、いいです。

ちなみにアメリカは、花火を売ることと使用にいろいろと制限が
あります。それも州によって異なり、州によっては全く売ることも
使用することもできないところもあります。
場所も限られていたり、花火の種類も駄目なものもあったり
するので、日本のように気軽に個人で花火を楽しむことは
できないです。
ということで、夏休みに日本に帰れた時には、
まずはみんなで花火・・ということになりそうです。(笑)

----------------------------------------------------
Today is Independence Day.
To set off fireworks here and there in U.S. is very famous.
We went to see fireworks near our house which is an annual event for
our family.

The fireworks were great for the last 5 minutes, that continued
one after the other.
I think how to set off the fireworks in U.S. are different from in Japan.
We can see them for about 30 minutes, but this year we could see
the fireworks for only 20 minutes. The sponsors may have been less this year.
If we went to a good point to see the fireworks, there might be very crowded.
However, the place where we went to was not crowded and we could see them
comfortably sitting on the green.

For your information, in U.S. to sell and use fireworks is limited.
Also, it is different from state and state.
Some states ban the sale and use for fireworks.
The place and kinds of fireworks are limited too, so we can't
enjoy fireworks easily like in Japan.

Well, apparently, when we go back to Japan, at first we
will set off fireworks.(smile)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

ホットドッグ早食い競争(今日の新聞から)/Hot Dog Eating Contest

20070703__weinerwars5_gallery1 明日はアメリカの独立記念日、July 4thです。
今日の新聞には、明日のホットドッグイーティングコンテストの
話題が大きく取り上げられていました。
1916年にNathan'sというホットドッグ屋さんが始めたコンテストで
ニューヨークのコニーアイランドで毎年July 4thに
開催されます。
12分間に食べたホットドッグの数で競い合います。
2001年から去年まで、日本の小林尊さんがずっと優勝しています。
去年は53個で世界記録だったのですが、2週間前に
Joey Chestnutさんが59個1/2を食べて、抜かされました。
(写真はJoeyさんと彼が食べた数のホットドッグ)
小林さんはあごを治療中とのことですが、明日の大会は
どうなるのでしょう。
こちらでの小林さんのニックネームは"Tsunami" 。
小林さん、こちらのコマーシャルにも出ていて、有名人です。
それにしても、アメリカ人に比べると、華奢なのに、異常に食べることが
できる日本人って、不思議でしょうね。(笑)
日本人がみんな、彼のように大食家だと思われていたら
困りますけど。(笑)

----------------------------------------------------
Tomorrow is Independence Day(July 4th),
Today's newspaper printed about the Hot Dog Eating
Contest that will be held tomorrow.
This contest has been started by Nathan's since 1916,
be held in Coney Island, NY on July 4th every year.
The competitors compete in eating hot dogs in 12 minutes.
Takeru Kobayashi in Japan has won this contest from 1991 to
last year.
He who ate 53 hot dogs made the world record last year, but
Joey Chestnut who ate 59 and a half hot dogs broke
this record 2 weeks ago.
Kobayashi has a jaw injury now. How about tomorrow's contest?
His nickname is "Tsunami" here. Also he is famous and
appears on TV commercials.
Anyway, I think the Japanese who can eat incredible amount of food, but
very thin, is a mystery for Americans who are bigger than Japanese.
However, I would be embarrassed if they thought all Japanese
eat a lot like him.(smile)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

あ~夏休み♪/summer vacation

Tennis_court_1 今週からが、本格的な夏休みとなる我が家です。
日本語学校も夏休みに入りましたので・・。
子供が家にいると、騒々しいから嫌というお母さんも
いらっしゃるかも知れませんが、私は子供の学校の
お休みが大好きです。(笑)
子供が小さい時は、大変なこともあったのですが、
その理由は・・

アメリカでは、小学生以下の子供(州によって年齢は異なります)を、
一人で留守番させたり、車に残したりすることは、
禁じられていて、見つかれば罰せられます。
日本のように、子供をおいて買い物というわけには
行きません。
ですので、子供が小さいうちは、毎回どこかへ出かける度に
3人連れていかないといけなかったので、それはそれで
大変だったという訳です。

そのため、日本以上に共働きの夫婦が多いこの国では、
放課後子供を見てくれる、デイケアのクラスがあり、
また、ベビーシッターを雇われているお家もあります。
夏休みの間のお話は次回に。

さて、今日は息子とテニスをしました。
以前記事に書いたように、コートは無料で
行って空いていれば、いつでもできます。
おまけにコートも綺麗です。
試合の結果は、
1セット目 4-6で私が勝ち、2セット目7-6で息子が勝ち、
タイブレイク(9-7息子勝利)、スーパータイブレイク(10-6息子勝利)
 
さすがに最後の方は、すでに体力で負けてました。(苦笑)

---------------------------------------------------------
The real summer vacation for our family started from this week,
because the Japanese language school ended.
Some mothers say that they don't like holidays because children
who stay at home are loud.
In my case I like children when they have no school.(smile)
However, I had tough time when my kids were little, the reason was...

In U.S. leaving children under elementary school age(age is different
depends on state) at home or in the car is prohibited, and you could
get punished.
We mustn't leave children at home for shopping although we do that
in Japan.
So, I had to take my three children everywhere when they were little,
that's why I had a tough time.

More working parents are in U.S. than in Japan.
They use a daycare class that children can stay at after school,
or they have a babysitter at home.
I will tell about during summer vacation next time.

Well, I played tennis with my son today.
As I wrote in this blog, we can use tennis courts
for free and anytime if no one is using it.
Also the tennis courts are clean.
Now, I tell the game's result.
First set 4-6(I won) second set 7-6(My son won)
tiebreaker9-7(My son won) super tiebreaker10-6(My son won)
As is to be expected, towards the end I had already lost my physical energy.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

写真(アガパンサス)/Agapanthus

Butterfly_3アガパンサスも今が花盛りで、
この辺り、なぜかほとんどのお家のお庭に
植えてあります。
日本で見るよりも、花が大きい気がします。
我が家の花はバレーボール位あります。
一枚目はカメラ好きの夫の撮影。
蝶々がとまっているのを
上手に撮っているので、拝借しました。

------------------------------------------

Agapanthus_2 Agapanthus are blooming beautifully, planted
in most of the gardens of houses around here, but
I don't know why.
I feel the flowers are bigger than in Japan.
The size of flowers in our house is about the
same as a volleyball.
My husband who likes to take pictures took
the first picture that is shown on this blog.
I borrowed this picture because it is taken as
a nice shot when a butterfly was on the flower.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »